GH-LCT22C-BK

カテゴリ検索

『 GH-LCT22C-BK 』 内のFAQ

23件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 右クリックができない(Windows7)

    右クリックしたい対象にタッチし続け、完全な円が表示されてから指を放すと、ショートカットメニューが表示されます。 詳細表示

    • No:167
    • 公開日時:2018/05/28 13:37
    • 更新日時:2018/11/28 14:51
  • タッチパネルを操作できない

    以下を実行の上、ご症状が改善するかご確認ください。 ① パソコンのUSBポートの挿し込みを確認 ② 「スタート」ボタンから、「コンピューター」を右クリック→「プロパティ」を左クリック ③ 「デバイスマネージャ」を左クリック ④ 「ヒューマンインターフェイスデバイス」を左クリック ... 詳細表示

    • No:176
    • 公開日時:2018/05/28 13:37
    • 更新日時:2018/11/28 14:47
  • タッチパネルが誤作動する

    以下内容をご確認ください。 ■タッチパネル調整(キャリブレーション)を実施する 1. [スタート]→[コントロールパネル]をクリックする ※Windows8/8/1/10の場合 1‘.[スタート]→[すべてのアプリ]→[Windows システムツール]→[コントロールパネル]をクリックする 2.... 詳細表示

    • No:10307
    • 公開日時:2019/06/12 14:33
    • 更新日時:2019/07/30 11:37
  • タッチパネル用のドライバが見つからない

    本製品のタッチパネル機能はWindows標準ドライバにて作動するため、 別途ドライバの提供などは行っておりません。 対応OS搭載パソコンと本製品を付属USBケーブルで接続することで 標準ドライバが適用された後、タッチパネル機能が使用できます。 詳細表示

    • No:10784
    • 公開日時:2019/07/30 10:55
  • タッチパネル機能に対応しているOS

    タッチパネル機能はWindows 10/8.1 / 8 / 7に対応しています。 ※必ずUSBケーブルを接続してください。 ※上記以外のOSでご使用いただく場合、タッチパネル機能が正常に動作しない場合があります。 詳細表示

    • No:8963
    • 公開日時:2018/05/28 13:37
  • (用語) マルチタッチ

    「マルチタッチ」とは、指や専用ペンなどによって、入力装置上の複数のポイントをタッチし、ズームや回転といった操作を行う入力方法です。 Windows7 HomePremium/Professional/Ultimateでは、「Windowsタッチ」機能により、 マルチタッチに対応する入力装置にて、マルチタッ... 詳細表示

    • No:5859
    • 公開日時:2018/10/12 15:40
  • パワーロック機能設定方法

    パワーロック機能を有効にすると、[ボタン]の操作ができないようにすること (電源ボタンロック)ができるため、意図しない電源のオン/オフを防ぐことができます。 以下の手順を実行ください。 ① 本製品の電源をオンにする ② 本体にある[ボタン]と[ボタン]を同時に押下すると、画面に「電源ボタンロッ... 詳細表示

    • No:193
    • 公開日時:2018/05/28 13:37
    • 更新日時:2018/11/28 14:37
  • 右クリックができない(Windows10)

    おおよそ1秒間、右クリックしたい対象にタッチし続け、ショートカットメニューを表示します。 ※対象によってはショートカットメニューが表示されません。 参考URL Windows 10 のタブレット モードを使いこなす! 詳細表示

    • No:8976
    • 公開日時:2018/05/28 13:37
  • アームを取り付けたい

    VESAマウントインターフェース規格(100mm×100mm)に準拠したアームに取り付けることができます。 取り付けにはM4ネジ(0.7mmピッチ)をお使いください。 ※スタンド部分を取り外すことはできません 詳細表示

    • No:196
    • 公開日時:2018/05/28 13:37
    • 更新日時:2018/11/28 14:15
  • OSDメニューロック機能設定方法

    OSDメニューロック機能を有効にすると、OSDメニューを表示しないようにすること (OSDボタンロック)ができるため、意図しない操作を防ぐことができます。 以下の手順を実行ください。 ① 本製品の電源をオンにする ② 本体にある[ボタン]と[ボタン]を同時に押下すると、画面に「OSDボ... 詳細表示

    • No:192
    • 公開日時:2018/05/28 13:37
    • 更新日時:2018/11/28 14:38

23件中 1 - 10 件を表示