その他

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 その他 』 内のFAQ

115件中 81 - 90 件を表示

9 / 12ページ
  • (用語) SDHCメモリーカード

    「SDHCメモリーカード」とは、記録メディアの一つであり、SDメモリーカードと同一サイズながら、 規格上の最大記憶容量が、SDメモリーカードの2GBから64GBへと拡大したものとなります。 なお、SDHCメモリーカードに対応する機器はSDHCメモリーカード、SDメモリーカードともに使用可能ですが、 SDメモ... 詳細表示

  • (用語) SDスピードクラス

    SDスピードクラスとは、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード、 microSDカード、microSDHCカードで、データの転送速度の最低値を保証する規格となります。 SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード、microSDHCカードの場合、この規格への準拠が義務付けられてい... 詳細表示

  • (用語) UHS(Ultra High Speed)

    「UHS(Ultra High Speed)」とは、SDアソシエーションによって策定された、 SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカードのインターフェース規格となります。 ・ ・・・UHS-Iを表します。 ・ ・・・UHS-IIを表します。 詳細表示

  • (用語) UHSスピードクラス

    UHSスピードクラスとは、UHS-I/II規格に対応したSDXCメモリーカード、 SDHCメモリーカードのデータの転送速度の最低値を保証する規格となります。 ・ →UHSインターフェースに対応した機器を使用した場合、  読み込み、書き込み時にともに、最低10MB/秒の転送速度が保証されます。 ... 詳細表示

  • (用語) ウェアレベリング

    「ウェアレベリング」とは、メモリカードやSSDなどといった書き換え回数が制限されている記録媒体で、 特定の記憶領域への書き換えが集中しないように書き換えを行う記憶領域を分散し、 記憶媒体の寿命を延ばすための技術となります。 詳細表示

  • (用語) AES256

    「AES256」とは、 米国国立標準技術研究所によって制定された暗号化方式であるAES(Advanced Encryption Standard)の中でも、 暗号鍵を最長の256ビットとするもので、現時点で最も信頼性の高い暗号化方式の一つとなります。 詳細表示

  • (用語) CPRM

    「CPRM」とは、「Content Protection for Recordable Media」の略であり、 デジタル放送などのコンテンツにコピー制御信号を付加し、 記録メディアへのコンテンツのコピーを1回しかできないようにする技術となります。 詳細表示

  • (用語) ダビング10

    「ダビング10」とは、地上デジタル放送などの録画データを、 レコーダーやパソコンなどの録画機器からDVDやブルーレイディスク、メモリカードなどといったメディアへ、 9回までのコピーが可能となる技術となります。 ※10回目のコピーはムーブ(移動)となり、録画機器の録画データは失われます。 ※「ダビン... 詳細表示

  • (用語) ラストメモリー

    「ラストメモリー」とは、再生中に停止ボタンを押して、 本体の電源を切っても、次に再生する際に、続きから再生する機能となり、 ディスクを取り出しても、開始位置が保持されます。 ※レジューム機能とも呼ばれます。 詳細表示

  • (用語) バーバパパ

    「バーバパパ」とは、1970年代のフランスでAnnette Tison氏とTalus Taylor氏によって制作され、 現在も各国で出版されている絵本に描かれたキャラクターとなります。 詳細表示

115件中 81 - 90 件を表示