• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ノンオイルフライヤー

『 ノンオイルフライヤー 』 内のFAQ

16件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • ノンオイルフライヤーお手入れのしかた

    ・ノンオイルフライヤーは食材に直接触れる調理器具となりますので、  使用後は必ずお手入れをし、常に清潔な状態を保ってください。 ・お手入れは、必ず電源プラグをコンセントから抜き、本体やバスケットの粗熱が取れてから行ってください。 ・煮沸したり、食器洗浄機や食器乾燥機で洗うことはできません。 ... 詳細表示

  • 電源が入らない

    以下をご確認ください。 ・バスケットがしっかり入っているか、扉がしっかり閉まっているか、ご確認ください。 ・電源コードのプラグがしっかりコンセントに差し込まれているか、ご確認ください。 ・タイマーダイヤルを回しているか、ご確認ください。 ※調理時間を5分より短い時間に設定する場合は... 詳細表示

  • トレーの入れ方が分からない

    扉開閉ハンドルを持って扉を開け、バスケットハンドルを持ってバスケットを取り出し、 本体内部に食材の残りや油、調理汚れが残っていないことを確認し、 下図の通り、裏表や向きを間違えないように本体内部に置いてください。 ※表裏や向きを間違えると、バスケットが入らなかったり、扉が閉まりません。 詳細表示

  • 付属品以外で使用できるものはあるか

    1.調理時に使用できるもの ・付属のケーキ型やピザ皿 ・200℃以上の耐熱表示のあるアルミホイルやオーブン用クッキングシート、食器 ※耐熱表示があるものでも、調理前にノンオイルフライヤーで空焼きし、異常がないことを確認し、  異常が確認された場合には使用しあいでください。 ※食材の下... 詳細表示

  • ノンオイルフライヤーの設置上の注意

    ノンオイルフライヤーは、壁や家具から15cm以上、 テーブルや台の端から15cm以上離れた安定したところに設置してください。 ※不安定なところ、温度や湿度の高いところ、水のかかるところ、異物が浮遊するところに設置しないでください。 ※じゅうたんや畳、テーブルクロスなどの可燃性の高... 詳細表示

  • フィルターの交換方法が分からない

    排気口に取り付けられているフィルターは、汚れが目立つようになったら取り替える必要があります。 下図の通り、排気口の蓋を開け、古いフィルターを取り出し、新しいフィルターを取り付け、蓋を閉めてください。 ※フィルターに裏表はありません。 詳細表示

  • バスケット使用上の注意

    ・使用の前に、バスケット内部に入れている緩衝材は、必ず取り除いてください。 ・バスケットを本体から取り出す際は、扉を開けてから、バスケットハンドルを持って取り出してください。 ・バスケットが汚れている場合は、汚れを拭き取るなど清潔なことを確認してから使用してください。 ・バスケットに入れられ... 詳細表示

  • ノンオイルフライヤー使用前の注意

    ・壁や家具から15cm以上、テーブルや台の端から15cm以上離れた安定したところに設置し、周囲にものを置かないでください。 ・本体の塗装を保護するため、工場出荷時に本体を袋やシートなどの保護材で包んでいますが、  使用前に必ずすべての保護材を取り除いてください。 ・バスケットの破... 詳細表示

  • バスケットが本体に入らない

    以下をご確認ください。 ・トレーが本体内部に正しく置かれているか、ご確認ください。 ・バスケットに入れられる分量を超える食材を入れていないか、ご確認ください。 詳細表示

  • 調理が仕上がらない

    ・食材は、適切な大きさ、適切な分量に調整してから調理を行ってください。 ・バスケット内の食材の配置を見直しください。 ※使用中、扉開閉ハンドルやバスケットハンドル以外は高温になっていますので、触れないでください。 ※使用中、本体やバスケット、使用中のケーキ型やピザ皿、食材が高温になりますので... 詳細表示

16件中 1 - 10 件を表示