USB加湿器使用上の注意

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4952
  • 公開日時 : 2018/06/07 18:07
  • 更新日時 : 2018/12/14 12:51
  • 印刷

USB加湿器使用上の注意

回答

USB加湿器を使用後、スポンジを濡れたままの状態で放置したり、タンクに水を入れたままの状態で放置すると、
スポンジやタンクに放置された水によって、カビや雑菌、微生物などが発生する場合があります。
そのままの状態で使用すると、カビや雑菌、微生物などがミストと同時に噴出し、嫌なニオイが発生したり、
皮膚障害や呼吸器障害、アレルギーなど、人体に悪影響を及ぼす場合があります。
 

製品を安全に使用するためには、以下をご確認ください。
 

【準備】 
・タンクには必ず水道水を入れる
※ミネラルウォーターや浄水器を通した水、汲み置きした水では、
    水道水に含まれる塩素による殺菌や消毒の効果が期待できません。
※噴出口の目詰まりによる故障や、カビ、雑菌、微生物が発生する原因となりますので、
 アロマオイルやアロマウォーターを使用しないでください。

・スポンジは必ず乾いたものを使用する
※濡れたままのスポンジを使用すると、スポンジ内で発生したカビや雑菌、微生物などが
 タンク内で増殖する可能性があります。
 

【使用】
・タンクやスポンジの準備ができたら専用USBケーブルを接続し、
  平らで振動のない安定したところに置いてから電源ボタンを押して使用する

【使用後】
・スポンジを取り出し、必ず完全に乾かす

・タンク内の水を必ず捨てる

※下部ユニットに水が残っている状態や、スポンジが濡れたままの場合、
  カビや雑菌が発生する可能性がありますので、下部ユニット内に残った水は完全に拭き取る、
  スポンジは完全に乾かすなど、定期的にお手入れしてください。


・吹出口に汚れが残っている場合、クエン酸を薄めた水溶液を綿棒に含ませて拭き取る。

※使用するごとに水道水に含まれるカルキなどが吹出口に付着することで、
  ミストの噴出を阻害され、噴出が弱まりますので、定期的にお手入れしてください。

【お手入れについての注意点】
・お手入れの前に専用USBケーブルを取り外してください。
・食器洗浄機など機械式洗浄機は使用しないでください。
・下部ユニットやスポンジは定期的にお手入れしてください。
・上部ユニットは水洗いしないでください。
・汚れは、中性洗剤を薄め、綿棒に含ませて拭き取ってください。
・吹出口のお手入れは、中性洗剤を薄め、綿棒に含ませて拭き取ってください。
・長時間使用しない場合は、本体、スポンジ、スポンジアダプタを十分に乾かし、
  高温多湿を避けて保管してください。

アンケート:ご意見をお聞かせください